格安SIMに乗り換えるメリット・デメリット最新比較

格安SIM

格安SIMという言葉が一般的になって早数年が立ちます。

まだ、大手三大キャリアで契約したまま消耗しているんですか?

格安SIMに乗り換えない人は時代遅れみたいな雰囲気がありますが、本当にそれは正しいのでしょうか?乗り換えするにしても、メリットデメリットが存在します。それをよく理解して行動しないと失敗します。

この記事では、以下の点の知ることができます。

  • キャリアSIMの契約を続けた方がいいのか、格安SIMに乗り換えた方がいいのか
  • 格安SIMにどんなメリットとデメリットがあるのか
  • 格安SIMに乗り換えたらどうなるのか

格安SIMとキャリアSIMの違い

「キャリアSIMを使っている」とは、大手三大キャリア(通信会社)のdocomo、Softbank、auで携帯電話を契約しているという事です。

その反対に、「格安SIMを使っている」とは、大手三大キャリア以外の通信会社で、その3社よりも大幅に月額料金の安い会社で携帯電話を契約しているという事です。

しかし、どうして○○SIMと言われるのでしょうか?

スマホ(携帯電話)の中にはSIMカードと呼ばれる小さなカード状のICチップが入っています。このICチップには、通信会社や電話番号などの識別コードが書き込まれています。

大手キャリアで回線を契約すると、電話番号のついたスマホ本体を購入したと思ってしまいます。しかし、実際は契約した回線つまり電話番号のSIMを借りただけで、スマホは別途購入という形になっています。

スマホを受け取るときには中に挿入された状態で受け取るので買い手はSIMカードを意識することはありません。

一方、格安SIMを購入すると、スマホは自分で用意して、契約した会社からSIMカードだけが送られてきます。

同じように通信回線または電話番号を契約しているだけなのに、この落差は何なのでしょうか?

答えは、回線契約している会社が大手キャリアか、格安回線を提供している通信会社かという違いです。

えは、なぜ多くの人が格安SIMに乗り換えるのでしょうか?

格安SIMに乗り換えるメリット

毎月の料金が安くなる

格安SIMというからには、一番のメリットは月額料金が安くなることです。

スマートホンを利用している人なら、大手キャリアで契約していると安くても月額4,000円、高いと月額8千円を超えてきます。もし毎月8,000千円払っているとなると、年間96,000円を通信費として払っていることになります。

これが、毎月1,500円になるとすると、年間たったの18,000円になり、一年で78,000円節約できることになります。これだけのお金があれば、趣味にお金を回したり、子供に何かを買ってあげることもできますよね。

格安SIMへの乗り換えが遅れれば遅れるほど、無駄なお金を支払い続けているという事になります。

もし、今と同じようにスマホを利用できて、大して不便もなく、月額料金が安くなるとしたらどうですか?

これが最大にして最高の格安SIMのメリットです。

今までと同じ電話番号を使うこともできる

通常、電話会社を変更すると携帯電話の番号が変わってしまいます。

大学の頃に携帯電話を購入して以来、ずっと同じ電話番号で、古い友人たちともこの番号でつながっているなんて事ありますよね。そのため、多くの人は電話番号を変えたくないと思っています。

しかし、今はMNP(モバイルナンバーポータビリティ)といって、電話会社を変更しても今まで使っていた電話番号をそのまま使う事の出来る制度があります。

そのため、どの会社で契約してもあなたが望めば、今使っている電話番号を持ったまま契約変更ができるんです。

自分の好きな端末を使うことができる

大手キャリアを使用している人は、季節ごとに発売される最新機種のスマホに自分の好きなモデルがあるか一喜一憂しています。

大手キャリアで買うと、最新スマホが安い値段で買えるかもしれません。

自分はdocomoの契約なのに、好きな端末はauでしか売っていないとかありますよね。でも、格安SIMに乗り換えれば、もうキャリアからどのモデルが発売されるか一喜一憂することはありません。

今は法改正されて、ほとんどは殆どの端末がSIMフリーに対応しているか、キャリア側でSIMフリー化の対応が可能です。

格安SIMに乗り換えれば、あなたが好きな端末を自分で購入して、自由に使う事が出来るようになります。

格安SIMに乗り換えるデメリット

通話定額プランがほとんどない

大手キャリアでは、日本国内の通話が定額になるプランがあります。昔は携帯電話で長い時間話せば恐ろしい金額の請求が来ていたのに、今は何時間電話で話しても請求額は同じです。

携帯電話で長電話する人には、このプランが無いのは厳しいですよね。

しかし、5分かけ放題とか10分かけ放題などの短時間のかけ放題のプランは存在します。もし15分話すのであれば、9分くらいで電話を切って、また掛けなおせばいいだけです。

ちょっと待ってください。そもそも、電話で話すのに電話回線を利用する必要はありません。インターネットを経由する無料通話アプリを使えば電話代はかかりません。

電話回線で通話しても、無料通話アプリで通話しても、使うのは同じスマートホンです。全く違いはありません。

LINE、Skype、 Viber、 カカオトーク、Messengerをはじめ、様々な無料通話アプリがあります。どれを使っても、電話料金はかかりません。相手にも同じソフトを入れてもらうだけで、アプリを使って通話することがでるんです。

キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールとは、メールアドレスの@(アットマーク)の後ろが、「docomo.ne.jp」「softbank.ne.jp」「ezweb.ne.jp」などになっているものです。

キャリアの専用アプリで送受信ができるもので、スマートホンが台頭する前はみんながガラケー(画面がタッチ操作できない電話)で使っていたものです。

このメールアドレスは、今の大手キャリアから他に移ってしまうと使えなくなります。

今は殆どの人がGmailなどインターネット経由のメールを使っています。そのため、あえてキャリアメールを使う必要がありません。

もし、キャリアメールを使っているなら、今からGmailに移行しておきましょう。

キャリアメールは端末に保存されるタイプが多いですが、Gmailはクラウドに保存されています。今のスマホが壊れても、新しいスマホを買ってパスワードを設定したら同じ内容を見ることができます。

インターネットが遅くなる

格安SIMの会社は独自の通信設備を持っていません。そのため、大手キャリアから回線をレンタルして利用者に使わせています。

大手キャリアと比べると格安SIMは回線が細いと言われます。例えば、大手キャリアでは一つの回線に10人で共有するとしたら、格安SIMは一つの回線を100人で共有するというイメージです。

そのため、多くの人が一度に利用する通勤時間帯や夜などは格安SIMは通信が極端に遅くなってしまうのです。

もちろん、利用が少ない時間帯である夜中などは大手キャリアでも格安SIMでも通信速度に変わりはありません

ただ、通信が遅いと言ってもLINEなどの無料通話アプリで通話できるくらいの速度は確保されています。そのため、使い物にならないという事はありません。

もし、その時間帯屋外にいてインターネットで動画を見なければならないとか、たくさんの画像を閲覧しなければならないなら。大手キャリア一択になるかもしれません。

しかし、インターネットが混む時間帯にどれほどの確率で屋外にいますか?ほとんどの場合は、会社か自宅にいるという事はありませんか?そうであれば、その場所のWi-Fiに接続していれば、インターネットの速度に問題はありません。そもそも、格安SIMのインターネット回線は使っていないことになります。

海外で電話が自動ローミングされない

キャリアSIMの特典の一つは、海外に行ってもそのまま同じ番号で通話が可能で、インターネットも利用できるという事です。

ただし、海外でそのまま利用してしまうと、驚くほど高いローミング料金(海外の通信会社を経由するための料金)が加算されます。

そのため、海外に行った時に着信があったとしても、普通は電話を取りません。また、海外からSMSを送ることもありません。

着信があれば、後ほどWi-Fiが利用できるところに行って、無料通話アプリで通話するか、メールを送ることでしょう。

そうです!無料通話アプリを使えばいいわけです。

また、海外ではWi-Fiが充実していない地域もあります。それでも、現地SIMを買えば問題ありません

海外ではプリペイドSIMが多く販売されており、数百円から2千円以内の範囲で購入できることが多く、数日の旅行には十分足りるデータ通信料がセットされています。

キャリアSIMのローミングが必要になる状況はほぼありえません。

格安SIMに乗り換えた場合の料金比較

同じ条件で比較してもかなりの違いがあります。音声SIM(電話番号付き)で契約した場合で比較してみます。

L社(格安SIM)D社(大手キャリア)
音声通話20円/30秒 20円/30秒
データ通信5GB5GB
月額料金2,220円4,980円
かけ放題オプション880円
(10分かけ放題)
1,700円
(国内通話無料)

かけ放題オプションがあっても無くても、格安SIMにすると半額以下の料金になります。

もしかして、キャリアSIMを契約したままで節約しようと考えていませんか?

そもそも、キャリアSIMのメリットは、いつも電話を掛ける必要があり、屋外で常に高速大容量通信(インターネット)が必要な人にあります。そんな人は、お金の心配はしませんよね。

もし今、スマホであまり電話を掛けない、通話は無料通話アプリ、屋外であまりインターネットを使わないという状態なら、あなたはすでに格安SIMで運用している人と状態になっています。

格安SIMに乗り換えた場合のスマホ運用方法

格安SIMで運用するなら、SIMフリーのスマホが必要になります。

今使用しているスマホを使うなら、キャリアのお店に持っていき、SIMロック解除を行ってもらうことができます。

または、もともとSIMフリーになっている端末を購入することもできます。

※格安SIMの回線が、今まで使用していた大手キャリアと同じ回線であればSIMロック解除は不要になります

格安SIMに乗り換えると、通話は基本的に無料通話アプリを使うことになります。また、SMSの代わりにメッセージアプリを使うことになります。例えば、LINEなどはその両方の機能を持っています。

もし、海外に行くことがあれば、電話番号やモバイルインターネットが必要であれば現地SIMを購入すれば問題ありません。そうでなくても、ホテルやレストランで無料Wi-Fiを利用すれば通話もインターネットも行えます。

格安SIMに電話番号は必要か?

格安SIMを使うのであれば、節約のために電話番号を持たないという選択もあります。

格安SIMで電話番号を持つと、最低6カ月から12カ月の契約縛りがあります。今までのキャリアSIMを同じ電話番号を持ちたい場合は、そうするしかないでしょう。大手キャリアでは通常2年縛りなので、それと比べてもかなり軽い制限だと思います。

しかし、通話を無料通話アプリだけに限定してしまえば、電話番号を持つ必要はありません。

今どき、Gmailを持っていない人はほとんどいませんので、誰かと連絡がつかなくなるなんて事は殆どありません。

また、電話でのみ連絡がつく人がいるのであれば、有料の電話アプリを使う事で対応できます。例えば、050プラスやLineOutなどです。

電話番号が不要であれば、データ通信専用SIMを選択することで、音声SIMよりも毎月数百円さらに安くすることができます。

また、多くの場合データ通信専用SIMには契約期間の縛りがありません。

おすすめ格安SIM紹介

格安SIMの会社は数えきれないほどあるのですが、似たり寄ったりなので二つだけ紹介します。

友人が勧める格安SIMの会社にしても、ここで薦める会社にしても大差はありません。大きな差があるのはキャリアSIMから格安SIMに乗り換える時です。

OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE(https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/) は大手NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

データSIMが月額880円から、音声対応SIMが月額1,180円からあります。データ通信が安いのが売りです。

おすすめは、データSIMの6GBで月額1,380円のプランです。3GBくらいだと少し心もとなくても、6GBあれば安心です。時々動画を見ても全く問題ありません。

NTTですのでdocomo回線のみになりますが、LTEでのカバー率が広く、都市部の地下でも問題なく使用できます。

また、OCN光と同時申込みや端末込みで申し込むと割引が付きます。

楽天モバイル

楽天モバイル(https://mobile.rakuten.co.jp/) はとにかく安いです。

データSIMが月額645円から、通話SIMが1,250円からあります。

おすすめは、スーパーホーダイのプランSで、10分かけ放題と2GBのデータ通信がついてきます。他の格安SIMだと容量を使い切ったあとは、128kbpsとか256kbpsに制限されますが、こちらは12時 ~ 13時と18時 ~ 19時以外は1Mbpsのスピードで使用できます

docomo回線とau回線が選べるので、今までのキャリアがこの2社ならSIMロック解除ができない古い端末でも利用できます。

また、月々の支払金額に応じて楽天スーパーポイントが加算されるのもうれしいです。ポイントがたまれば楽天市場でショッピングに利用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました